1. 耐震診断の上杉建築事務所:HOME
  2. 事例
  3. 構造設計
  4. 構造設計事例 |S亀戸賃貸マンション

構造設計事例 | S亀戸賃貸マンション

基準階伏図

軸組図

建築物の概要

建築物の名称

S亀戸賃貸マンション新築工事

建築エリア

東京都

主要用途

店舗・共同住宅

建築物の規模

延面積

2281.73m2

建築面積

253.01m2

構造

鉄筋コンクリート構造

階数

地上 10階  地下 - 階  塔屋 - 階

高さ

30.400m (地盤面より)

軒の高さ

30.000m (地盤面より)

基礎の底部の深さ

設計GL - 3.10m ~ 3.85m

適用する構造計算

設計方針

構造上の特徴

(上部構造)
1. 本建物の規模は24.6m×10.1mの平面形状で、最高高さ 30.40mの地上10Fの店舗・共同住宅である。
2. 建物形状は、平面的には3×1スパンの長方形となっており、整形な形状である。立面的にも1階から最上階まで柱が通った整形な建物となっている。
3. 構造種別は、鉄筋コンクリート構造で架構形式はXY両方向共ラーメン架構である。
4. 外壁部には窓開口及びドア開口等があり、垂れ壁や腰壁によりせん断破壊のおそれがある柱と梁には、その接合する部分に完全スリットを配置している。

(基礎構造)
1. 地盤については、敷地内で1箇所のボーリング調査、標準貫入試験等を実施し地盤状況を確認した。
2. 土質は深度2.60m付近まで埋土で6.80m付近までは粘土,砂質シルトでその下に23.0m程度シルト・粘土層があり、それ以深は良好な細砂・砂礫層が構成されている。本建物は深度31.75m以深の細砂層・砂礫層を支持地盤とする杭基礎にて計画する。
3. 液状化については加速度 200galにて検討した結果細粒分35%以下でFL値が1.0を下回る箇所があった。同一層内の細粒分が概ね35%を越えているのでFL値が1.0を下回る箇所から上の層を適切に低減して基礎を設計する。

その他の事例を見る

お問い合わせ資料請求はこちら ご不明点・ご相談事項がございましたらお気軽にご相談ください!03-5807-2135 受付時間9:00~18:00(月曜日~金曜日)お問い合わせフォームはこちら