1. 耐震診断の上杉建築事務所:HOME
  2. 事例
  3. 耐震診断
  4. Oハイツ(B棟)の耐震診断事例

耐震診断事例 | Oハイツ(B棟)

基準階伏図

軸組図

建築物の概要

建築物の名称

Oハイツ(B棟)

建築エリア

東京都

主要用途

共同住宅

建築物の規模

延面積

3421.920㎡ 

建築面積

221.510㎡

構造

鉄骨鉄筋コンクリート造

階数

地上14 階
地下0階
塔屋0 階

高さ

38.900m

 

軒の高さ

38.600m

基礎の底部の深さ

適用する構造計算

設計方針

構造上の特徴

・建物は通芯間で21.4m×12.5mの雁行した形状で、地上14階、地下0階、塔屋0階、軒高さは設計GLから38.60mとなっている。
・建築物の架構形式はX方向で各階ラーメン架構、Y方向で2~14階は耐震壁架構である。1階は耐震壁架構一部ラーメン架構となっており、ピロティフレームを含ん
 でいる。
・鉄骨形式 柱:X方向を強軸とした充腹型(H型鋼)となっている。梁:充腹型となっている。
・柱脚形式は非埋込型柱脚となっている。



(診断で判明した耐震性能上の問題点)
・X方向は純ラーメン構造で、柱の断面形状が上階に行くに従い急激に小さくなる階があり、部材の終局強度が小さくなっている。また6階~9階については脆性柱が支配的である事から変形能力が小さくなっておりIs値がIsoを満足しない結果になったと考えられる。
・耐震壁が縦連続開口となっている為、せん断強度が低減されている。
・1階X5通りにピロティフレームが存在する。
・エキスパンションジョイント間隔が1/100未満となっている為、形状指標が低減されている。

その他の事例を見る

お問い合わせ資料請求はこちら ご不明点・ご相談事項がございましたらお気軽にご相談ください!03-5807-2135 受付時間9:00~18:00(月曜日~金曜日)お問い合わせフォームはこちら